ブログカテゴリ:不動産エピソード



2017/10/06
続き しばらく数か月後でしょうか経過したところ、 まったくお取引したことがない業者さんから電話があり 「〇〇さんの居場所がわからない」という。 詳しく聞くところによると、問題入居者は退去後に、別の街の不動産業者のところに...
2017/09/27
もうかれこれ14,5年前になりますが一年以上も家賃が滞っていた入居者さんがいました。 こちらの入居者さんは当方でお世話した方ではなかったのですが、ある日新規で募集を依頼頂いたオーナーさんからどうにかならないかとご相談を受けたのです。新日本黎明期ですね。...

2017/09/21
ご入居者さんにご契約頂いている少額短期保険ですが、前にも書かせていただきましたが、連絡頂く保険事故は、ほぼほぼ水漏れ事故ですね。 ちょっとお買い物しに出かけてる内に、洗濯機のホースが外れて階下が水浸しということが圧倒的に多いケースです。 基本的には、主契約で家財を補償して、特約で、大家さんに対する補償は特約という扱いなんですね。...

2017/09/19
昔は許されて、今の時代は許されないことは沢山ありますよね。 教師の体罰なんていうのは卑近な例ですよね。普通に拳で殴りつけてましたからね(苦笑) 劇団パワハラ降板などもそうですが、昔なら表沙汰になることもなければそれ以前に業界内で問題にすらならない事柄も、今では全て公開されてしまう時代です。あちこちそういうことは枚挙に暇がありません。...

2017/09/17
検討します=? 内見には鍵の貸し出しがつきものでして、現地置きの場合もあれば、事務所での貸し出しもあります。 事務所での貸し出しの場合は、まず電話で確認頂き、鍵の貸し出しをさせて頂いた後、内見後に鍵を戻して頂きます。 返却時に 「どんな感じですか?」 とお聞きすると、 「一晩、検討すると言っています」とおっしゃいます。 「・ ・ ・」 で、...

2017/09/16
家賃滞納も困りますが、さらにややこしいのは、「夜逃げ」ですね。 いわゆる「夜逃げ屋本舗的」な形でしたらまだ良いのですが(荷物を全て運び出して退去するため)、殆どの人が、何も言わず、荷物を残したまま何処かに行ってしまうのです。...

2017/09/09
先日、病院でお亡くなりになった入居者さんの残置物処理に立ち会いました。 当方経由でご入居された方ではなかったのですが、懇意にさせていただいているオーナーさんからご依頼をいただき、手配させていただきました。...

2017/09/01
建物内トラブルで圧倒的に多いのが、「生活音に関する問題」です。経験上、これしかないと言っても良いぐらいですね。昨今、殺傷沙汰になってしまったケースも見受けられて他人事ではありません。 音に関しては感じる程度に個人差があって明確に線引きできないので、非常に厄介ですね。...

2017/08/30
ハウスメーカーさんや同業者さんからよく頂くのが 「アパート取り壊しのための立ち退き案件」です。 立ち退きというと物騒ですが、こと、アパート取り壊しにまつわる退去交渉は、たくさんあるんですよ。 この立ち退き料ですが、原則的なお話しますと、所有者は支払う義務もないですし、相場があって、絶対いくらだという決まりはないのです。...

2017/08/23
賃貸業の後継問題、大家さん業に関わらず、どの業界も後継者の問題は永遠のテーマだと思います。今朝ワイドショーで酪農家の数が10年前と比べて半減していると、そこで解説者の方が「実は戦後から比べたら残っている数は数パーセントだ」とおっしゃっていました。驚きました。...

さらに表示する